現代人の悩みの一つでよく挙げられることに「姿勢」があります。

テレビや雑誌でも姿勢についての特集なども多く見かけます。

実際にこういうカイロプラクティック、整骨、整体などでも

“猫背矯正”や”骨盤調整”といった文字をよく目にすると思います。

それだけ需要もあるからこそなのでしょう。

当然こちらでも「姿勢良くなりたいです」や「猫背を直したいです」などの

相談を受けることは少なくありません。

現実的なことをいうと、姿勢はそう簡単に変えれません。

今ある姿勢はご自身が長い間培って作り上げた、

いわば己の生き方の現れでもあるのです。

それを都合よく他者の手によっていとも簡単に変えれるものでもないのです。

しかし裏を返せば、自分の努力次第でいかようにも変えれるということでもあります。


他者によって施術を施された場合、関節の可動域が上がったり

筋肉を意識して動かしやすくなったり、体にきっかけを与えることは十分に可能です。

しかしその後の変化は、やはり身体の持ち主である自分自身が

努力していかなければ変化を起こすことは不可能なのです。

猫背などに代表される悪い姿勢というものは、

ある意味で己の肉体や脳が記憶した筋肉の使い方でもあると思っています。

無意識のうちに特定の筋肉を使う/使わないことによってニュートラルの

姿勢を変化させて出来上がっている状態です。

ということは、その間違って覚えてしまったものを正せばいいだけの話でもあるのです。

その間違いを正すことは運動すなわちトレーニング(筋力)であると考えます。


ここで誤解して欲しくないのは、

トレーニング(筋力)=ウェイトを使ったトレーニングではないということ。

よくトレーニングというと、すぐに「いやぁ、ボディビルみたいにマッチョになりたくない」と

言われる方が男女限らず少なくありません。

これだけ世の中に情報が溢れた現代でも、いまだその考えが根強く存在しているのは

身体を動かすという概念がまだ定着していない表れなのだと思っています。

そもそもボディビルダーのようなマッチョになるのにどれほどの努力が必要かすら

知らずに、ちょっと筋トレしたら体が大きくなるという考えが個人的には悲しくなります。

人間そんな簡単に変われたら猫背もすぐに直せてしまいます。


トレーニング(筋力)とは日常生活で行う身体の動きとは別に、

運動を目的として身体を動かすことだと考えています。

トレーニングの中にウェイトトレーニング・ランニング・ヨガなど

様々な種目が含まれているだけなのです。

それぞれの種目によって目的が異なり、姿勢改善を目的とした場合

様々なトレーニングの要素を取り入れて

身体(筋肉)の動きを正しい方向へと導いていくことが重要になります。

それだけにどういったトレーニングを取り入れて行くかの取捨選択が重要です。

猫背を直したいのに、ランニングばかりやっても道は遠いです。

姿勢でお悩みの方は、一度専門家による判断してもらい

運動を見てもらうことが姿勢改善を目指して見ましょう。

 

姿勢でお悩みの方はこちらまでご相談ください。